イエメン・ハラーズ「バニ・ナヒミ」 シティロースト 100g

1,728円(本体1,600円、税128円)

挽き方
購入数

シティローストですので、コクとやや苦みのあるタイプです。

こちらの商品は、100gでの販売となっております。
送料計算では、200gの重量にてご購入いただけます。
ぜひご利用くださいませ。


昨シーズンに続き、イエメンコーヒーが入荷しました。
トレーサビリティの明確な貴重なイエメンモカです。
しかも、新しく認定されたイエメニアと呼ばれる品種。
発酵臭がなく、酸っぱくもないモカ、まだ未体験の方も多いかと思います。

ハラズ地区、標高約2000mにあるバニ・ナヒミ村から届いた貴重な在来品種イエメニア。
スパイシーな香りにアニス、ブルーベリー
ドライフルーツ、さらに赤ワインのような複雑な風味が
広がります。微かな酸はヨーグルトのよう。
柔らかく、程よい粘性と独特な舌触り。
イエメンにしかない唯一無二の香味の世界。
ぜひお楽しみくださいませ。

生産者:バニ・ナヒミ村の約50軒の農家
所在:サナア県ハラーズ地区バニ・ナヒミ村
標高:1900-2000m
精製:ナチュラル
乾燥:農家のあるハラーズの選別・乾燥場にてベッド乾燥。

イエメニアについて:
現在世界に流通しているアラビカ種のコーヒーのほとんどは、
イエメンからインド、インドネシアへと持ち込まれその後
ヨーロッパ経由で世界に広まったティピカ系品種と、
イエメンからレユニオン島経由で東アフリカへ、その後中南米へと伝わった
ブルボン系品種のいずれかから派生したものです。
2020年8月「ティピカ系、ブルボン系いずれにも属さず、
イエメン国内で独自に発展を遂げた固有の品種グループがあることが発見され、
それがイエメニアと名付けられました。」